インナーブランディング(自社の魅力や価値)

を知って、

商品・サービス力向上で売上UP!

社員と価値を共有し、社内構造の育成。

自社の可能性を最大限に引き出す。

インナーブランディングの重要性

経営陣が示す企業のビジョンは顧客へ向けた情報発信(アウターブランディング)に偏りがちです。
しかし、アウターブランディングで表面をどれだけ磨いても、商品やサービス、社員の対応がそのブランド力に則った行動や商品力を伴わなければ消費者は違和感を感じます。
企業が成長していく為には、このような違和感を無くし、志・理念やビジョン、価値を社内(社員)に理解浸透させるために行う啓蒙活動として「インナーブランディング」が重要です。 会社が目指すブランドの価値観を社内(社員)で共有し、社員の意識や行動、言動やサービスをブランドの方向性と合致させること。
その為には、社内の「情報と価値の共有」がとても大切になります。

       現状分析・戦略設計書
現状分析・戦略設計書
ランディングページ
SNS広告制作

中小企業の経営者様へ

変化する今だから、自社の魅力や価値を分析・整理・再把握。
販売戦略を再設計し、
消費者に届くコンテンツを見つけ社内で共有。

コロナ禍に入り様々な変化が起きる時代。多種多様の業種の企業や店舗が営業戦略や事業計画の見直しを迫られています。闇雲に集客を行ったり、コロナ禍以前の感覚のままで情報発信を行う事で消費者に本当に「伝えたいこと」が伝わるのかが不透明な状況です。このような多種多様な変化に対応する為に、皆さんのサービスや事業、商品販売戦略等の再設計を行いませんか?

このプランのポイント
①自社の事業の魅力や業務、価値を再認識して「棚卸」(整理)することが出来る
②自社の社員と価値を共有
③自社の商品・サービスが、理念や経営方針と繋がっている事を確認
④社員と一緒にこのシートを作成することで、自分(経営者)が気づいていなかった「自社の強み、改善点」を知る
⑤自社のコンテンツ(消費者にとっての有益な情報)を正しく知り、「消費者の反応が良くなる事を考える」から、「自社の届けたい情報を正しく伝える」へ
体験者の声

Q1.「感嘆広報 分析プラン」を実施してみようと思われたきっかけは何でしょうか?

株式会社 熊宮庭苑 取締役 熊宮照男氏

・自社の情報発信には、広報活動が必要と思っていたから。

株式会社 藤本塗装 営業部長 藤本将也氏

・きっかけはまず自社の現状を把握したいという思いと自分自身では出来ないと感じていた為。それと1番はこれから自社を良くする為には必要だと感じたからです。

株式会社 ヤスタケ福岡 代表取締役 安武正樹氏

・新事業を行うにあたって戦略設計が必要と思ったから。

ワンネス 代表 吉村麻美氏

・ボンドの林社長の分析力が素晴らしく、自分で頭に描いていることが、御社に頼めば形になるのではないかと確信が持てたからです。

Q2.自社の事業の魅力や業務、価値を分析してみてどのような事に気づかれましたか?

株式会社 熊宮庭苑 取締役 熊宮照男氏

・業務全体の流れを可視化することで、一業務がどうゆう位置付けなのかが明確になった。

株式会社 藤本塗装 営業部長 藤本将也氏

・まず分析してみてたくさんの気付きがありました。自社の得意とすること、また出来ない事や出来ていない事、改善の余地がかなりあり可能性を感じたと同時にやるべき事がかなりあることに気付きました。

株式会社 ヤスタケ福岡 代表取締役 安武正樹氏

・今まで気づかなかった強みが分かった

ワンネス 代表 吉村麻美氏

・改めて自分のしたいこと、すべきことが具体的になり、社員へ話す時はもちろん、理念や組織設計に向けて、基盤となる考えが腹に落ちました。

Q3.現状分析の結果を社員さんに見せてみて、どのような反応がありましたか?

株式会社 藤本塗装 営業部長 藤本将也氏

・部署ごとに会社としてどの様な役割を果たしているかが多少わかったと思います。 また自分たちの強み、弱みを可視化した事で危機感も感じ、やるべき事が明確になったと思う。

ワンネス 代表 吉村麻美氏

・会社の考えや方針、社員への思いや今後の方針を知り、ともに考えていける仲間になるべく、距離がぐっと近くなりました。 今までやってきたこと、言っていたことに対して一貫性が見えたようでした。

Q4.現状分析を行なった上でコンテンツ(消費者に有益な情報)を導いてみていかがでしたか?

株式会社 藤本塗装 営業部長 藤本将也氏

・半製品と言われる私たちの商品ですが、 やはり今回コンテンツを導き出して、人、人間性が非常に重要で、技能ももちろん重要ですが自社の魅力、強みは人間性だと強く感じました。 またこれからも伸ばし続けていくべきは人間性だと確信しました。

株式会社 熊宮庭苑 取締役 熊宮照男氏

・OB顧客とのつながりが強まり、紹介やリピート工事の割合が増えた。

株式会社 ヤスタケ福岡 代表取締役 安武正樹氏

・自社の強みや弱みいつどこで誰に何を売りたいかが明確になった。

ワンネス 代表 吉村麻美氏

・まだまだ出来ることがしっかりと見えてきましたし、どんな心構えで取り組んでいけばいいのかがわかりやすくなり、会社全員で取り組んでいく方向性がはっきりしたと思います。

Q5.何にかご意見がございましたら教えてください

株式会社 藤本塗装 営業部長 藤本将也氏

・この分析を行うにあたって弊社のサービス、そして思いを理解してもらい一緒につくりながら私の意見を導き出してくれました。 理論上の戦略でなく唯一無二の物となりました。 様々な側面から寄り添って頂き完成しました、 これが真の付加価値だと思いました。

株式会社 ヤスタケ福岡 代表取締役 安武正樹氏

・今後も広報顧問としてお願いします。

Q6.(熊宮庭園さんへ質問です)SWOT分析を社員さんと行なってみていかがでしたか?

株式会社 熊宮庭苑 取締役 熊宮照男氏

自社の強み、弱みを営業スタッフ全員で共有することができ、同業他社との違いが明確になった。

Q7.(藤本塗装さんへ質問です)経営理念や方針を策定する事が今回できましたが、経営理念や方針にどのような重要性を感じましたか?

株式会社 藤本塗装 営業部長 藤本将也氏

理念は会社の軸、方向性を示す物となると考えております。 社員とベクトルを合わせ、同じ目標に向かって走ることが出来る、そして揺るぎないものだと感じています。

Q8.(ヤスタケ福岡さんへ質問です)消費者がファンになるまでの行動(マインドフロー)を考えてみて、いかがでしたか?

株式会社 ヤスタケ福岡 代表取締役 安武正樹氏

今まで架空だったターゲットが見える様になった。

プラン内容
現状分析

❶クロスSWOT分析

私たちと一緒に「事業目的・理念」や自社の「課題」を話し合い、クロスSWOT分析を行います。クロスSWOT分析とは、自社にとっての「強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)」を分析し、組み合わせることで市場機会や事業課題に対して「気づき」や「変化」、「指針」を見つけるフレームワークです。

❷マインドフロー分析

コロナ禍に入る前から、「集客後の販売」で考えを止めずサービスを利用する時(体験時)に「何を感じて欲しいか?」を考え伝える事や、その「体験」を通して「消費者が満足し愛用していただくようにするにはどうすれば良いか?」を考える「ファン化戦略」が重要とされています。皆さんの販売したい商品やサービスを消費者が知るきっかけやニーズを感じる要素などを含めて私たちと一緒にマインドフロー分析を行います。(マインドフロー分析とは消費者の購買行動を認知・興味・行動・比較・購買・利用・愛情という7つの段階に分けて、分析・対策を図る為のフレームワークです。

戦略設計

❸戦略の方向性の策定

現状を把握した上で、「この商品・サービスをなぜ販売し、誰に届けたいのか?」「自社の強みや他社との差別化は?」「消費者のニーズは?」などを私たちと一緒に考え戦略の方向性を定めます。その上で今回の戦略目的と目標を設定します。

❹消費者へ届ける為のコンテンツ(有益な情報)を把握する

これまでの現状把握で導かれた皆さん固有の状況や強み、機会や策定した戦略目的に則りターゲットの消費者にとって「有益で興味のある情報」を私たちと一緒に導き出します。このコンテンツを利用して広告内容、啓発内容を準備します。

自社独自の戦略を考え、ここまでの準備を行って

自社独自の魅力や価値を、情報発信!

料金

【中小企業様対象】
現状分析 感嘆広報分析プラン

定価税込176,000円をこちらのホームページからのお問い合わせ・申込みをいただいたお客様に限り
税込132,000円

•「現状分析・戦略設計」(4回以上のビデオ電話zoomでの打ち合わせ)

ご興味がある方は一度、お問合せください。
担当より後日、内容説明のご連絡をお入れしお客様がご納得いただいてからのご契約となります。

カスタマイズプラン

「現状分析・戦略設計」後の情報発信手法に応じたカスタマイズプラン
(料金はご要望を伺った上でご提示いたします)も対応いたします!

・「現状分析」「戦略設計」を社員研修として取り組んでみたい!
・「現状分析」「戦略設計」をもっと深く一緒に考えて欲しい!
・見つけ出したコンテンツを、広報ツールを作成し情報発信してみたい!

     ・・・・・Etc

ご要望やご質問があればお気軽にお問合せください!

この商品の特別料金でのお問い合わせはこちら

    ご契約までの流れ

    ❶上記問い合わせフォームに必要事項をご記入いただき、送信してください。

    ❷弊社よりzoom面談のアポイント日を記載したメールを返信いたします。

    ❸zoomにて面談。「感嘆広報分析プラン」の内容説明や質疑応答をいたします。

    ❹お客様がご納得いただいた上でのご契約となります。

    zoom説明会のお知らせ

    「感嘆広報分析プラン」「感嘆広報パッケージ」の内容を
    分かり易くお伝えする為の説明会をzoomにて開催いたします。

    ●●●●年●月●日(●)
    A:お昼の部:13:30-14:30   B:夕方の部:18:30-19:30

    参加ご希望の方は、「企業名」「参加者名」「参加人数」「お住まいの都道府県名」「業種」「ご希望の説明会参加の部(A:お昼の部・B:夕方の部)を記載いただき「お問合せ」よりメールください。説明会zoomミーティングIDは後日お知らせいたします。

    お問い合わせ

    株式会社bond 担当:林

    TEL.096-295-2168 / FAX.096-300-307

    私たち株式会社bondはPR会社です。
    「双方向性コミュニケーションによる相互理解」をテーマに情報を循環する仕組み作り 「情報発信とブランド構築」を提案しています。

    つながるミーティング

    「助けて!」が溢れる今だからこそ。
    withコロナ時代を「助け合う」つながりの時代に。
    つながるミーティングは10社限定のZOOMミーティングです。

    「広報の仕組み」を知り自社の課題と強みに気づく「広報体験」学びの場

    2021年●月●●日 ●●:●●〜●●:●●

    セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。セミナー告知入ります。